まさに今、参政党は情報戦を戦っている! 【神谷宗幣】

まさに今、参政党は情報戦を戦っている!参政党から学ぶ
参政党から学ぶ

参政党は、既存の政治に危機感をもってゼロからつくられた政党です。

目指すのは、先人たちが守ってきたこの国を次世代へ引き継ぐこと。
掲げる理念は、「日本の国益を守り、世界に大調和を生む」こと。

では、どのようにして参政党は日本を守り、発展させていくのでしょうか?

参政党には、特定の支援団体も資金源もなく、同じ想いをもった普通の人たちが集まって知恵やお金を出し合い運営しています。
しかし、今までの常識では考えられない参政党という存在や、テレビや新聞では伝えられていない情報を発信する参政党の問題提起は、誤解を生んで根拠のない誹謗中傷を数多く受けています。

さて、あなたは参政党の言葉をどう受け止めますか?

では、街頭演説の言葉を聴いてみて下さい。

尚、このコンテンツは、参政党の 神谷宗幣 氏が2023年4月14日 東京都府中市の街頭演説で訴えた言葉を整理したものです。

#神谷宗幣 #参政党
https://small-things-make.com/masani-ima-sannseitou-ha-jouhousenn-wo/2023/05/12/

ただし、文章だけで実際の街頭演説は表現しきれるものではありませんし、文章に整理したために氏の真意とすこし違っているかもしれません。

また、非公式のためご本人の確認は得ていません。

尚、関係者の方からご意見があった場合には、速やかに修正・削除も含めて対応しますので、ご連絡いただければ幸いです。

スポンサーリンク
Fishlle!

国会議員1人の孤独な情報戦

国会でも「この言論空間は明らかにおかしい」って感じるわけですよ。
まさに情報戦、誰に仕掛けられているのかもよく分からない。

だからこそ、「おかしい事をちゃんと問題視してる国会議員がいたんだ」って議事録に残しておかないとダメでしょう?

でも、参政党には国会議員は1人しかいないから、代表質問もできないし予算委員会にも出られません。
唯一出られる財政金融委員会というところで、一生懸命、問題提起をしているんです。

お金の審議をする財政金融の委員会なのに、コロナの話をしたり、コオロギの話をしたり、電気自動車の話をしたり、ウクライナの話をしたり…無理やりやっているわけですよ。
「神谷議員、それはちょっと趣旨と違います」とか官僚にも言われるんですけど… 分かっているんだけど…。

「おかしい事をちゃんと問題視してる国会議員がいたんだ」って議事録に残しておかないとダメでしょう?

過去にもいた情報戦を戦う国会議員を誰も知らない…何故!?

質問を考える時、過去の質問を調べるんです。

例えば、「本当にこの日本の経済がおかしくて外資にやられるんじゃないか!?」って警告していた国会議員さんもいらっしゃるんですよ。
もう20年以上前に、警告をしてた人がいるんですよ。
僕も全然知らなかったけど、やっぱり心ある人はいらっしゃるんです。

でも僕らは知らない。

なぜか?

マスコミが取り上げないからです。
テレビで流さないからです。

参政党はまず今の問題を皆さんに知ってもらいたい。

そして同時に、過去にそういった啓発を国民にしてくれてた人の声を掘り起こして、それも皆さんに伝えたい。

参政党ファミリーの推薦図書:閉された言語空間 ( 江藤淳 )

 画像をクリックして商品をみる 

第一部アメリカは日本での検閲をいかに準備していたか
第二部アメリカは日本での検閲をいかに実行したか
あとがき

『言論の自由』はアメリカに与えてもらった?

「日本は悪いことをした国だ」と報じるマスメディアは正しい?

戦後、アメリカによって徹底的に行われた『検閲』。
禁止されたのは… アメリカ・イギリス・ロシア・中国・朝鮮人への批判、神国日本・大東亜共栄圏・ナショナリズムの宣伝、第3次世界大戦への言及!?
そしてこの『検閲』の存在までもが…。

当時、戦争は終わったが、「日本」は目に見えず破壊されていった。
そして、タブーは今なお続き、さらなるタブーを生み続けていく。

この全貌とは?

占領されて70年以上… 真に解放されるまで本書は必読!

理想を追う農家さんを応援!(参政党とは関係ありません): 青梅 清水農園(東京都 青梅市)

全ての野菜が【無農薬・無化学肥料】。そして、ひとくちに小松菜といってもその品種は数えきれないほど。それぞれの野菜で品種を探して約150品種を栽培し、その中から独特の美味しさがある【固定種・在来種】を中心に、手間を惜しまず美味しさ優先で品種を選んでいます。

出来るだけ綺麗な野菜をお届けしたい、旬の野菜で季節を感じたり味の変化を楽しんで頂きたい、そして「美味しいから食べてみて!」という思いを大切に栽培しています。

下のバナーをクリックしてHPをみる
スポンサーリンク
Fishlle!

コメント

タイトルとURLをコピーしました