なぜ市議がWGIPの話をするのか?参政党が伝えたい『情報戦』 【神谷宗幣】

神谷宗幣 なぜ市議がWGIPの話をするのか?参政党から学ぶ
参政党から学ぶ

参政党は、既存の政治に危機感をもってゼロからつくられた政党です。

目指すのは、先人たちが守ってきたこの国を次世代へ引き継ぐこと。
掲げる理念は、「日本の国益を守り、世界に大調和を生む」こと。

では、どのようにして参政党は日本を守り、発展させていくのでしょうか?

参政党には、特定の支援団体も資金源もなく、同じ想いをもった普通の人たちが集まって知恵やお金を出し合い運営しています。
しかし、今までの常識では考えられない参政党という存在や、テレビや新聞では伝えられていない情報を発信する参政党の問題提起は、誤解を生んで根拠のない誹謗中傷を数多く受けています。

さて、あなたは参政党の言葉をどう受け止めますか?

では、街頭演説の言葉を聴いてみて下さい。

尚、このコンテンツは、参政党の 神谷宗幣 氏が2023年4月14日に 東京都府中市の街頭演説で訴えた言葉を整理したものです。

#神谷宗幣 #参政党
https://small-things-make.com/kamiyasouhei-naze-sigi-ga-wgip-nohanasi-wo/2023/05/04/

ただし、文章だけで実際の街頭演説は表現しきれるものではありませんし、文章に整理したために氏の真意とすこし違っているかもしれません。

また、非公式のためご本人の確認は得ていません。

尚、関係者の方からご意見があった場合には、速やかに修正・削除も含めて対応しますので、ご連絡いただければ幸いです。

スポンサーリンク
Fishlle!

WGIPは生活と関係ない?今もさらされてる情報戦

「なんで市議会議員がWar Guilt Imformation Programの話なんかするの?」

それが今までの常識です。
でも、参政党はそういうことをちゃんと考えてる人たちが立候補していきます。

なぜか?
生活には直結しないように思いますよね?
「アメリカの占領政策WGIPと生活に何か関係あるの?」と。

違うんですよ。

今、われわれは情報戦にさらされていて、そこで負けると富は奪われ資産がなくなってしまうんです。

情報戦に負けてきた30年

どれだけこの30年で日本の国力が落ちたか…

経済だけでざっと3.5分の1になった。
日本の世界でのGDPは、ピークの時には18%ぐらいあったのが今は5%。
どんどん生活が苦しくなっているじゃないですか。

日本を一歩出たら分かります… 世界の物価がどれだけ高くなっているか。
アメリカは日本の2倍から3倍、スイスは完全に3倍。
物価が高くて、海外へはもうなかなか行けない。
以前は誰でも気軽にハワイに行けていたのに、今はそこそこ収入がある人じゃないと厳しい。

今は逆に外国人だらけです。
外国人がたくさん来て下さるのは良いことですけど、なんで外国人がこんなにたくさん来るのか?
インバウンド政策が上手くいっているからじゃないですよ。
日本が安くなっているからですよ。

つまり、日本の良いものを外国人がこれからどんどん買いに来ます。
そうなれば、僕たちは良いものを安く提供するために働かないといけない。
目先のお金は入っても、長いスパンで見たら、決して豊かになっていかないわけです。

そのことを国民の皆さんにしっかり伝えて、「このままじゃダメですよね?」と言うのが本来は政治家の仕事です。

でも、多くの政治家はそうじゃない。

「それで儲かれば良い。もっともっと来てもらいましょう」

「人口が減るから移民も受け入れましょう。留学生もどんどん呼びましょう」

そんな調子ですよ。

「おかしい」と思うことから始めよう… 情報戦に負けないために

留学生なんていらないと思います。
なんでかというと、優秀な学生は日本に来ないんですよ。

残念だけど、優秀な学生はアメリカとかヨーロッパの方に行っちゃいます。
もしくは中国とか… 今は良い学校がありますからね。
留学生は日本の大学へ行っても意味ないって思ってます。

じゃあ、なんで日本に来るのか?

外国人学生の半分は、なんと専門学校に行くんですよ。
日本はまだ技術があるから、技術習得するためには大学より専門学校の方が良いということですね。

それに、国がいっぱい補助を出すからですよ。
なんで補助を出すかと言ったら、日本人の子供が減って学校の経営が厳しいからです。
だから、大学とか専門学校を維持するために、誰かが自民党にロビーイングをかけて、留学生への資金をどんどん出していると言うことなんですよ。

こういう説明を聞くと、「コレはおかしい」ってみんな思うじゃないですか。

でも、「おかしい」って思わせないようになっているんですよ。
それが情報戦です。

だから、皆さん考えましょう。

それを私たち参政党は、選挙を通じて、政治活動を通じて、多くの皆さんに感じてほしいんです。

参政党ファミリーの推薦図書:閉された言語空間 ( 江藤淳 )

 画像をクリックして商品をみる 

第一部アメリカは日本での検閲をいかに準備していたか
第二部アメリカは日本での検閲をいかに実行したか
あとがき

『言論の自由』はアメリカに与えてもらった?

「日本は悪いことをした国だ」と報じるマスメディアは正しい?

戦後、アメリカによって徹底的に行われた『検閲』。
禁止されたのは… アメリカ・イギリス・ロシア・中国・朝鮮人への批判、神国日本・大東亜共栄圏・ナショナリズムの宣伝、第3次世界大戦への言及!?
そしてこの『検閲』の存在までもが…。

当時、戦争は終わったが、「日本」は目に見えず破壊されていった。
そして、タブーは今なお続き、さらなるタブーを生み続けていく。

この全貌とは?

占領されて70年以上… 真に解放されるまで本書は必読!

理想を追う農家さんを応援!(参政党とは関係ありません): lala farm table(東京都 青梅市)

太陽の光を身体いっぱいにうけ、雑草と共生しながら逞しく育った 個性豊かでやさしい味わいのお野菜。 華やかに、そして時にはスパイシーにお野菜を香りづけてくれるハーブ。 テーブルやお皿に色どりと安らぎを添えてくれる草花。暮らしや大切な時間に小さな幸せや笑顔を送りたい。
化学肥料や化学農薬を使わず土壌や自然本来の力を最大限に生かし、固定種や在来種のタネを蒔き少量多品種を栽培しています。ファームの作物は健康で強く、また、本来の自然な風味や味わい、香りや色合いを楽しめます。

下のバナーをクリックしてHPをみる
スポンサーリンク
Fishlle!

コメント

タイトルとURLをコピーしました