議論の心得『江戸の敵(かたき)は長崎』 【武田邦彦】

武田邦彦 江戸の敵は長崎参政党から学ぶ
参政党から学ぶ

尚、このコンテンツは、動画を整理したものです。
色んなことをみんなで一緒に議論していくのが『参政党』。
そのための一助になればと思い、当コンテンツをつくっています。

ただし、整理したために氏の真意とすこし違っているかもしれません。
また、非公式のためご本人の確認は得ていません。
尚、関係者の方からご意見があった場合には、速やかに修正・削除も含めて対応しますので、ご連絡いただければ幸いです。

【動画】
武田邦彦を攻撃する勢力とは?(メイン)
武田邦彦、小さなことで怒る!

スポンサーリンク
Fishlle!

『江戸の敵を長崎で討つ』はダメ!

議論をするときは、『江戸の敵(かたき)を長崎で討つ』でやってはいけません。

正面からやるんじゃなくて、端っことか裏の方からやる。
これでは、お互いに理解も進みません。話がこじれるだけで解決にならない。
『江戸の敵は長崎』のように迂回した議論をする人は、問題を解決をさせないようにしているんじゃないかと思ってしまいます。

酷いときは相手じゃなくて、相手の家族とかをイジメる。
卑劣ですねぇ。これは人間が一番やっちゃいけないことですよ。

人間というのは、ひとりひとりが違う意見をもっていて然るべきなんです。
だから、「私の考えはこうです。あなたの考えはどうですか?」としないとね。

論点をずらさずに、真っ直ぐに、真正面から議論しなくてはいけません。

選挙で体験した『江戸の敵を長崎で討つ』

2022年参議院議員選挙の前に、私のことをものすごく誹謗中傷していた元の環境省の役人がいました。
けど、選挙が終わったらピタッと私に対する非難をやめました。

これがね『江戸の敵を長崎』なんですよ。

つまり、彼が環境省に勤めていた時にリサイクルを推進してたのを、僕が「リサイクルしたら余計に資源を使うから、リサイクルしない方が良い」って言ったもんですから、その 腹いせに選挙に出ている僕を潰そうと思ったわけです。

パチンコ問題の『江戸の敵を長崎で討つ』

「パチンコも大切だ。心に負担がある人にとって、一人で遊べるパチンコはちょうど良い。だから廃れない」

私がこう言うと…

「パチンコの利益が北朝鮮へ送金されているじゃないか!?」
「北朝鮮は、送られたお金で軍備を拡大しているじゃないか!?」
「北朝鮮に拉致された日本人がいるのにそんなことを言うのか!?また拉致されても良いのか!!?」

…と攻撃してくる人がいる。

確かに、北朝鮮へお金が送金されているという問題はある。
しかし、それは「送金が違法」なのだから、違法を取り締まらなくてはいけない。
パチンコをやめさせても、違法送金はとまりませんよ。

北朝鮮が軍備を整えるのは北朝鮮の権利であって、日本人が文句を言ってはいけない。仕方ありません。
しかし、日本人が拉致されているのに取り返せないような体制はいけない。

付け加えると…

パチンコの依存症になっている人たちは、本当にかわいそうな人たちで、悩みが多いけど、人付き合いもできない、お金もない、出口がない状態にいる。

パチンコの依存症があるから、パチンコを止めさせるというのは見当違い。

パチンコがないと生きていけない人たちがいる事実を認めて、そういう人たちが「何に困っているのか?」を考えないといけない。

自分がパチンコをやらないから「パチンコなんていらない」という考えではいけない。

スポンサーリンク
Fishlle!

コメント

タイトルとURLをコピーしました